スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の日によせて
こんばんは、りんです(*^^*)

さて、昨日は母の日でしたね、下書きしてたのですが一日遅れでupします
皆さんのなかには母という立場の方もいらっしやると思いますが
やはり人の子ですからお母様もいらっしゃいますよね…当たり前ですが(笑)

りんには産みの親と育ての親、ふたりの母親がいます
まだ、りんが物心つく前に父と離婚して母は妹だけを引き取り
りんはばぁちゃんが跡取りとして育てると絶対に母方には渡さなかったとか…
で、小2までは男勝り~な厳しいばぁちゃんに育てられました

顔も覚えてなく母という存在がどんなものなのか知らずに育ったので
寂しいとか母が恋しいとか思う事もなく、好奇心旺盛なりんは悪さばっり(笑)
いつもばぁちゃんに叱られてるような子でした(笑)
ただ妹にはずっと会いたかったなぁ…
ただ、後に父から自由奔放で欲の無い人だと…それだけは聞いてました
母の事を悪く言うことは無かった父
小2になった頃から父はちょくちょく若い女性を伴ってりんを連れ出すようになった
その頃、その女性を姉ちゃんと呼んでは慕ってたりん、
父とねぇちゃんが一緒に住むようになったら仕事から帰って来るのが待ち遠しくてね(*^^*)

母のりんの第一印象は変わった子だったらしい(笑)
最初に会った時、大人の着るようなダボダボなハデな服をヒモで上げて着てたと言う(笑)
その当時、アメリカに移住してる親戚が多くて、よく小包を送ってきてくれてました
その中には色鮮やかな服も入っました、まさにりんにとっては、夢の箱(*^^*)
どの服もとても綺麗でどうしても着たくて自分なりに工夫してたつもり(笑)

小3になった頃、ばぁちゃんとは離れ父とその姉ちゃんと新しい家で一緒に住む事になりました
ある日父がさらっと『赤ちゃんが産まれるからりんが姉ちゃんと呼んでたら産まれて来る子も
姉ちゃんと呼ぶようになる、これからはお母さんと呼んでほしい』とお願いされました
兄弟と母が出来る嬉しさで何の疑問も持つ事なくお母さんと呼ぶようになりました
今考えると母は成人式を迎えたばかりだった…いきなり大きな娘ができたんですね
父もやるやん(笑)
てな訳で、育ての母とりんは13歳しか違わないのです(^^)

簡潔に書きたかったのに文章力無くて何故か長くなってしまいます
書く気力が続けば続きま~すo(^o^)o





;
スポンサーサイト
近況報告です(^^
ご無沙汰してます
しばらくブログから離れてると…何を書こうか考えてしまって書けなくなって1ヶ月、
ここに来られてる方にはご心配されてる方もいらっしゃると思いますがユウ希もりんも元気です(^^)
更新滞ってすみません

更新してない期間は仕事も遅かったり、ネ○ルの検定に向けての実技と学科の勉強
と検定
試験は緊張し過ぎて手順を間違えるわ焦っていつも通りにいかなくて…
合否はまだだけど自信はありません(^_^;)


日常では相変わらずワンコを連れての散策

ゴ―ルデンウィ―クの一日はタロちゃんとアンナちゃんがこっら方面に来てたので
ユウ希は仕事で時間が取れなくてりんだけランチ&カフェにて久しぶりに会ってきました
相変わらず綺麗なアンナちゃんにビ―ル好きなタロちゃん(笑)
ノンビリと年の話し等々(笑)
楽しい時間をありがとう

ユウ希のお休みの日は電車に乗って少し遠くまで小旅行
世界のグルメ展なるものに行ってきましたが、どこも長蛇の列、
お腹が空きすぎたふたりはすぐに手に入るグリ―ンカレ―とお好み焼きとチヂミ(笑)
ユウ希好みな綺麗なロシア人お姉さんを目の保養に昼からビ―ル三昧♪

その後商店街を当てもなくぶらぶら歩き回り、歩き疲れたとこで、飛び込みでのマッサ―ジ
それがね、60分全身揉みほぐして頂いて格安な割にはスゴく上手い!
久しぶりに二人とも満足できる店見つけました(^-^)v・・遠いので残念
でもね、やっぱどこで受けてもユウ希の腕が一番なのです・・あまりしてくれないけど(笑)
あ、りんもそう、仕事でしてると家帰ってからは仕事からは離れたいものです

りんは連休続きでしたが、ユウ希は仕事の合間のお休みにも関わらず
楽しむ事もワンコの散歩も忘れまないのでスゴい(*^^*)

さて、明日から仕事です
気を引き締めて、また頑張りますq(^-^q)


その後・2
こんばんは(^^

仕事や諸々忙しくなかなか更新できません(ToT)
ユウ希とは仲良くしてます

今回の件でユウ希にユウ希目線でブログを書いたら?
と言ったのですが

ユウ希  “書かないよ(^^”
と・・

何故書かないのかはわかりませんが
・・りんには敵わないと思ってるのでしょうか?(笑)

そんな話をしてると

ユウ希 “あ、、りんの暴言集の記事を書こうかな~”

ユウ希 “ぐふふ。。これまでりんに吐き捨てられた暴言が積み重なって・・”

りん  “いっぱい いっぱいなの?”

ユウ希 “いや、いっぱいになる事はないよ(^^”

ユウ希 “もうひとりの自分に預けてるから・・”

りん  “ふ~ん、もうひとりのユウ希がいるのね(笑)”

ユウ希 “そうそう、りんがなんか言うとそこから過去の言葉を引き出してね(^^”

ユウ希 “だからだりんの言う事がわかってる、言ってる時の態度もねっ(笑)”

とりんの口調や態度の真似をするユウ希
それを見てると、お腹を抱えて笑うくらいに可笑しくて爆笑

ユウ希とお付き合いして10年
ブログを始めたのはふたりだけで抱えていたいろんな思い
ふたりだけでもそれはそれで喧嘩もしてきたし、楽しくも過ごしてました
でも、世間的には公言できない付き合い

ブログを始めてここでは、ふたりの事をパートナーだと言える場所でもあり
認めてくれる方も居てくれる場所

リアルに交流してきた方は皆さんとても暖かくて・・とても大切な仲間です(^^

もちろん、まだお会い出来てない方もコメントを残してくれる方にも感謝してます
いつかお会い出来る事を楽しみにしてますね

皆様に支えられてのブログも、もうすぐ4年になります
読み返すのも恥ずかしいのですが、振り返ってみるとユウ希の存在の大切さがしみじみ・・
今回の事もいつか振り返ってみて、そんな事もあったなぁと懐かしく思えるのかも知れませんね

なんせ、りんは物忘れが多くて、その為にもブログは必要となりました(笑)

なんやかんやある未熟なふたりですが、細々と綴っていきますので
これからも宜しくお願いします(^O^)


























その後・1
こんばんわ(^^;

早く更新したかったのですが、仕事が忙しく、終わったら今回の事でユウ希と会って話してました
これも途中まで仕事の合間に書いてます(;^_^A

さて、日曜日にワンコ達の散歩をしながらの桜を見に行ってきました←週課はかかしません
いつものように、ユウ希が迎えて出発
途中でお昼を食べいつも寄るパン屋でパンを買って桜が満開な公園と
散歩道をワンコと共に歩きながらいろんな話しをしました(^^)

途中見晴らしの良い人通りも少ない場所のベンチで休憩

ユウ希  “このままでいいと?”
    と今回の問題について切り出した
    私はこれまで苦しかったこと、それがいっぱいになってしまい
    自分でも処理しきれなくなって現状
    積み重なった誤解
    言えなかったことを吐き出しました
    それをユウ希は穏やかに聞いてくれました
    これまでは、抱えてた事の話しになると、お互いの主張ばっかりで
    解決できないままの状態が多かったから…

   今回デ―トの表現には、ユウ希も複雑な思いがあったっと
   りんが“デ―ト”と公言したこと、ユウ希には使わない言葉や表現に寂しさを感じたと…
   ユウ希がそんな気持ちでいた事もりんは初めて知りました

   一方的にりんが吐き出した事をユウ希は穏やかに聞いてくれました

その後

ユウ希 “大好きだ”と一言
     久しぶりに聞いたその言葉に本心はとても嬉しいのに“私も大好きよ”
     とそっけなく返すりん(//∇//)…照れるのです

     可愛くないのですね…シュン(..)

そんな中、二匹のワンコを連れて通りがかったご夫婦
すんごい大きなワンコと柴を連れてる
旦那さんが大きなワンコのリードを引いてるのですが
こわもて旦那さんより力が強く引っ張られてる(笑)

少し離れた場所で、奥さんに二匹を預け、写真を撮りに行った様子
奥さんはその場で待ってます
すると…その大きなワンコが
デカイう○ちをしたのです(@_@;)

そこまでは見てましたが、またユウ希と話しをして、しばらくして視線を戻すと…
ワンコも飼い主も居なく、そこには大きなう○ちが(゚o゚;
え?処理してない…

すると、ユウ希が立ち上がり、もう遠くに行ったはずであろう飼い主を追いかけて行った…
しばらくして戻ってきて、飼い主に言ってきたと…
しばらくして奥さんが片付けに来たのだけど、もし来なかったら、ユウ希は喧嘩を売ってたかも(笑)

でもね、その姿を見て、あ~ユウ希ってそんな人なんだよね
普通ならそこから離れてしまって何処に居るのかわからない上に怖そうな旦那さんにワンコ
面倒になりそうな事は見て見ぬふりをする人が多いでしょう
が…ユウ希はそれが出来ない人

しばらくして、別の散策してる方が通りがかり、ユウ希に
“あなた、勇希があるわね、普通は言えないわよ”
と始終を見て言ってくれた事に

ユウ希  “イヤイヤ、気付かなかったのかも知れないし、もし逆の立場なら言って欲しいから”
     と返すユウ希
     すごいなぁと思ったひとコマ

そんなハプニングもあったり…寒くなってきたので車に戻ろうと歩き出す

歩きながら、この居心地のいい空間もユウ希とだから作り出せる空気なんだろうな…
とボンヤリ感じながら歩き続けました(*^^*)

も少しつづきます(^^:

とりあえず、報告です
コメントの返事も遅れてます
ご心配かけてほんとにごめんなさいm(  )m


理由・2
ユウ希と離れた約3ヶ月、
もう戻ることは無いとの決意も脆くくずれてしまう
その時期とそんな思いから逃げたくてご迷惑、ご心配かけた方々には心から申し訳なく思ってます


再度お付き合いすることになっても、なかなか以前のふたりに戻るには時間がかかりました
突然離れたりんはユウ希を深く傷つけてしまいました

そして、ユウ希の中ではりんはユウ希より子供を取ったという思いが残る

私の中では、自分が苦しいから最優先したのは自分自身の苦しみから解放されたかったのです
多分、その時は充分な話し合いもせすに、再スタートしたように思います

最初はユウ希も抑えてたのかな?
でも、やっぱり事あるごとに子供のことをで動くと嫌みを言われる
散髪に連れていくのもひとりで行けるやろ・・
電話を取るのが遅いと子供に構ってたから遅くなったんやろ・・等々
ありもしない事を言われてそうじゃないと言っても信じてもらえず・・悶々

ユウ希が普通に自分の子の事を私に話すのさえ、苦痛に感じて聞きたくないと言ったことも何度も…
とにかく、ユウ希にりんの気持ちをわかって欲しくて
りんまでユウ希が自分の子供に関わると自分は良くて私は何故ダメなの?
と言う回数が多くなっていった

ほんと、悪循環の負のル―プ
いつ終わるのかわらないもどかしさと苦しみ

それとは反比例して、そこに触れなければ、ふたりだけのことなら居心地が良くて
楽しい時間を過ごすことが出来る

次第に根本的なことから(りんにとってはね)目を反らすことになり
消化しきれないままケンカになってもウヤムヤになったままに過ぎていく日々

そんな中での今回のラインでのりんの発言と、その後に子供の塾の面談
ユウ希に知らせず行ったことで、ユウ希の『子供こことでは動けるんだね!』
の一言で、思いが溢れ、りん激怒ヽ(`Д´)ノ
人通りも多い中で声を荒げる

自分でもこんなにいっぱいいっぱいになってるなんて気付いてなかった←←天然ですから(笑)
もう、子供の事には触れないで欲しい、吐き気がすると

ユウ希の子供を話しも今後一切聞きたくない!!とメ―ルを送った

それからどうしたらユウ希と良い関係が悶々イライラ考える(笑)
二日後くらいに会って話した内容は

りん  “私達って、友達同士のほうが
     何でも話せるんじゃなかろうか?”

ユウ希 “そうかもね”

もう壊れて、どんどん離れていった溝を修復するより
まっ白な状態からのスタートがキツくないし、ちゃんとした関係が築けると思わない?
と話した

そんな流れがあってのうーーんの記事なのです

これは、りん目線で書いてることで、ユウ希にはユウ希の目線での葛藤や思いもあるんだと思います


そりゃ人間だもの価値観も違うし、考え方だって人それぞれ、ひとつひとつ理解して行くしかないとです

優先順位なんてその時々で変わってくるし
人は生活していく中でやらなければいけな事、
今、優先しなきゃいけないこと等々考えながら生きているんだと思います

りんも年齢的にはいい大人なんだけど、まだまだ未熟者です
こんな事に拘ってグズグス言ってる器の小さい人間だなぁ
って書きながら思ってます(;^_^A
おとなになりたーーい












;

テーマ: 女性同士の恋愛。 | ジャンル: 恋愛

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

FC2カウンター

メールフォーム

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。